IT業界の単価事情をチェック

サイトポリシーについて

本ウェブサイトでは、IT系エンジニアの単価や職種別の収入、フリーランスの収入などについての情報をご紹介しています。本ウェブサイトのサイトポリシーは以下のとおりです。本ポリシーは、日本の法律に準拠するものといたします。

サイトポリシーについて

著作権について

本ウェブサイトで公開されているコンテンツ(テキスト、画像、イラストを含むすべてのプログラム)および商標、商号の権利は、すべて本ウェブサイトに属するものとします。私的な利用を目的に制作されたコンテンツであり、本ウェブサイトの許可なく複製、転載、改変、販売、配布、出版することを一切禁じます。

免責事項について

本ウェブサイトに掲載されているすべての情報について、当方がその正確性を保証するものではありません。よって、本ウェブサイトを利用したことに起因して利用者側に何らかの損失や損害、障害が発生した場合において、本ウェブサイトが責任を負うことは一切ありません。コンテンツの構成やURL、サイトポリシーの内容は、予告なく変更もしくは削除されることがあります。状況に応じてウェブサイトの公開を中断もしくは中止する場合もあります。コンテンツに含まれるリンク先サイトの利用は、利用者各自の判断によって自主的に行われることであり、リンク先サイトの利用によって何らかの損失、損害、障害が発生した場合において、本ウェブサイトが責任を負うことは一切ありません。リンク先サイトについては、その内容と品質を当方が保証するというものではなく、リンク先サイトそれぞれの運営者によって管理されています。リンク先サイトをご利用の際は、そのサイトのサイトポリシーをご確認ください。

禁止事項について

本ウェブサイトの運営の妨げとなる行為、当方および第三者に対する迷惑行為は一切禁止いたします。当方および第三者の財産、名誉を侵害する行為、公序良俗に反する恐れがある行為、法律に違反する行為をはじめ、当方で不適切だと判断される行為についても一切禁止いたします。

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイトでは、入力フォームに氏名やメールアドレスなどの個人情報の入力をお願いすることがあります。お預かりした各種個人情報は、厳重なセキュリティ管理のもと保管しています。個人情報がご本人に無断で第三者に開示されることは原則としてありませんが、ご本人確認ができない状況下において開示がやむを得ないと判断される場合、司法判断により本ウェブサイト側に開示義務が生じたい場合においてはこの限りではありません。利用者ご本人からの情報開示請求については、当方が必要と認めた場合において可能とし、開示に際してはご本人確認が必要となります。

お問い合わせ

サイトポリシー及び、本ウェブサイトに関するお問い合わせはこちらまでご連絡ください。

こっちも見てみよう!

  • さらに単価を上げるためのコツ
    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスのITエンジニアにとって、単価の相場はあくまでも参考値です。単価はエンジニアとしての価値を数値化したものなので、価値を上げれば単価も上がるということになります。クライアントに価値を正しく理解してもらうためには交渉しなければなりません。個人で交渉するのが難しければ、エージェントを利用するという方法もあります。エージェントを利用している人は、自分で交渉せずエージェントに希望を伝えましょう。

  • 言語別で見てみる
    言語別で見てみる

    エンジニアを目指す人にとって、最初に習得するプログラミング言語の選択は、人生の選択ともいえる重要な節目です。エンジニアの単価は、同じような開発の内容でもプログラミング言語によって金額に差が出ることも多く、エンジニアの数が少ない言語の単価が高くなる傾向にあります。最初から習得するには難しいような言語なら、そこからさかのぼって何から学べばいいかを考えてみるのもいいでしょう。ここでは、平均年収が高い3つの言語についてご紹介していきます。

  • ソフトウェア業界をチェック
    ソフトウェア業界をチェック

    ソフトウェア業界では、OSやアプリケーションソフトなど、パソコンやスマートフォン上で動くありとあらゆるプログラムを開発しています。業務管理のソフトウェアや個人用のソフトウェア開発が長年堅調な中、データ収集・分析やセキュリティ関連のソフトウェア開発の需要は軒並み急増している状況です。これらの分野を中心に今後まだまだ伸びていくことが予想されており、IoTやクラウドの成長にも大きな期待が寄せられています。

Pick up

  • 情報処理業界をチェック
  • エージェントのメリット
  • 言語別で見てみる