IT業界の単価事情をチェック

エージェントを使いこなすコツ

フリーランスの代わりに営業を行い、クライアントを見つけてくれるエージェントは、仕事に専念したい人にとって頼りになる存在です。同時に、エージェントの選び方や活用の仕方次第で高額案件も獲得でき、高収入も夢ではありません。将来的にフリーランスへの転身を視野に入れている場合は、本記事にて高収入獲得に直結するエージェントの上手な活用方法のポイントを確認しておいてくださいね。

エージェントを使いこなすコツ

目標とする収入額を伝える

エージェントに登録すると、自身のプロフィールや経歴などについて話す面談の時間が設けられますが、その際にはしっかりと希望条件を伝えることが大切です。携わりたい業務内容や稼働条件はもちろん、希望する単価や収入もエージェントへ明確に伝えましょう。あまりお金の話を切り出すのは苦手というフリーランスも、ここで目標とする収入額を打ち明けなければ、収入アップは望めません。企業で働いていたときとあまり変わらない収入だと、フリーランスに転身した甲斐がなくなってしまいます。そして、もし収入の話をするのであれば、現在得ている収入額ではなく、目標とする収入額を伝えるのがポイントです。また、これまでの自身が積んだ経験やスキルで、希望の収入が得られるかどうかの確認も忘れてはいけません。実は、自身が思っているよりもフリーランスとしての市場価値が高く、もっと高額な案件を狙えるかもしれないからです。その一方で、希望する報酬額が自身のスキルよりも少し背伸びをした金額であった場合、エージェントが提示してくれる案件とクライアント側の要望スキルにギャップが生じ、受注に至らないということもありえます。そのため、エージェントから相場を聞いた上で、自身のスキルに見合った案件探しをするといいでしょう。

担当者とこまめに連絡をとる

担当者からは、良い案件が見つかると度々連絡が入ります。その際に、あまり普段からコミュニケーションを取り合っていないと、大事な連絡を見逃してしまうことがあるかもしれません。それも、クライアントが絡んだ重要な連絡の場合は、その見逃しや連絡ミスがトラブルに発展する可能性もあるため、担当者とはこまめに連絡を取り合うほうがいいでしょう。また、連絡方法や連絡頻度についても、なるべく早めに確認しておく必要があります。もし、希望しない時間に連絡が何度もきた場合は、本業やプライベートの時間に差し支えたり、頻度が多すぎると億劫に感じてしまうことも否めません。せっかく良い条件の案件を提示されても気持ちが追いつかなくなってしまう可能性があるので、担当者とは事前に認識合わせをしておきましょう。

複数のエージェントに登録する

エージェントと一口に言っても、得意とする業界や職種、専門に扱っている案件など特徴はさまざまで、どこを選択していいか迷ってしまうフリーランスもいることでしょう。もちろん、エンジニアの場合はIT業界に特化した専門色の強いエージェントが大手企業とのパイプもあり、希望する案件探しもスムーズに探せます。ただ、1つのエージェントのみ登録した場合、そこが保有する案件の中だけで希望条件に見合う仕事を探さなければいけません。また、情報の正確性や担当者との相性などさまざまな点を考慮しても、エージェントは複数登録するのが良いでしょう。そうすることで、豊富な案件の中から比較して、より自身の希望にマッチするものを探し出すことができ、生涯年収も大きく変わってきます。

こっちも見てみよう!

  • さらに単価を上げるためのコツ
    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスのITエンジニアにとって、単価の相場はあくまでも参考値です。単価はエンジニアとしての価値を数値化したものなので、価値を上げれば単価も上がるということになります。クライアントに価値を正しく理解してもらうためには交渉しなければなりません。個人で交渉するのが難しければ、エージェントを利用するという方法もあります。エージェントを利用している人は、自分で交渉せずエージェントに希望を伝えましょう。

  • 言語別で見てみる
    言語別で見てみる

    エンジニアを目指す人にとって、最初に習得するプログラミング言語の選択は、人生の選択ともいえる重要な節目です。エンジニアの単価は、同じような開発の内容でもプログラミング言語によって金額に差が出ることも多く、エンジニアの数が少ない言語の単価が高くなる傾向にあります。最初から習得するには難しいような言語なら、そこからさかのぼって何から学べばいいかを考えてみるのもいいでしょう。ここでは、平均年収が高い3つの言語についてご紹介していきます。

  • ソフトウェア業界をチェック
    ソフトウェア業界をチェック

    ソフトウェア業界では、OSやアプリケーションソフトなど、パソコンやスマートフォン上で動くありとあらゆるプログラムを開発しています。業務管理のソフトウェアや個人用のソフトウェア開発が長年堅調な中、データ収集・分析やセキュリティ関連のソフトウェア開発の需要は軒並み急増している状況です。これらの分野を中心に今後まだまだ伸びていくことが予想されており、IoTやクラウドの成長にも大きな期待が寄せられています。

Pick up

  • 情報処理業界をチェック
  • エージェントのメリット
  • 言語別で見てみる