IT業界の単価事情をチェック

さらに単価を上げるためのコツ

フリーランスの単価に相場はあっても定価はありません。ITの仕事は幅が広くて奥が深いので、エンジニアとしての自分の価値をいろんな形で高めていけば単価アップも可能です。では、どうすればさらに単価を上げることができるのでしょうか。いくつかのコツについて見てみましょう。

さらに単価を上げるためのコツ

お値段以上の仕事をする

報酬のおサイフを握るクライアントの心を動かすためには、いい仕事をするのが一番です。フリーランスの心構えとしては、クライアントの期待をいい意味で裏切っていくつもりでいること。仕事の質を高めるための努力を怠らず、できることは積極的にやっていきましょう。当初クライアントが予想していた以上の質の仕事ぶりを見せることができれば、クライアントの信頼と期待もさらに高まるというものです。

常に学ぶ姿勢を持つ

仕事が途切れないフリーランスのエンジニアは常に学び続けています。勉強は習慣が大事なので、仕事の一部と考えて時間を取り分けるようにしましょう。ITの世界は情報の流れがとても早いので、のんびりしていると単価アップどころかダウンになってしまいかねません。新しい技術をあまり使わない案件ばかりが続くようなら、セミナーや勉強会などの機会をうまく活用して最新情報をゲットしてくださいね。

営業力を磨く

取引先に出向いで自分を売り込むことが営業だと思われがちですが、フリーランスは仕事中も営業中みたいなもの。客先常駐の案件なら、客先で出会う人たちに顔を覚えてもらいましょう。立場の上下や部署の違いなどに関係なく、頼れる存在として現場に溶け込むことができれば、単価交渉もしやすくなりますよ。「難しいプログラミング言語が使える」「難関資格を持っている」「プロジェクトリーダーとして大きなチームをまとめた経験がある」など、交渉材料となりそうなことがあれば、スキルシートにもれなく書いておきましょう。
ちなみに、エージェント経由で契約しているフリーランスは、個人的に交渉せずエージェントに任せましょう。単価アップを希望するなら、エージェントに相談すればできる限り希望に近い形にまとめてくれるはずですよ。

エージェントを変えてみる

エージェントを使っている人は自分で交渉できないので、エージェントの交渉力に満足できないなら別のエージェントに相談してみるのも手です。担当者に遠慮して言いたいことを言えないようなら、そのエージェントとの相性はあまり良くないのかもしれません。エージェントを使い続けるつもりなら、適当なところで妥協せず、信頼できるところを見つけるまで探し続けましょう。ここなら安心という1社を見つけることができれば、単価交渉を委ねて仕事に集中できますよ。

こっちも見てみよう!

  • さらに単価を上げるためのコツ
    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスのITエンジニアにとって、単価の相場はあくまでも参考値です。単価はエンジニアとしての価値を数値化したものなので、価値を上げれば単価も上がるということになります。クライアントに価値を正しく理解してもらうためには交渉しなければなりません。個人で交渉するのが難しければ、エージェントを利用するという方法もあります。エージェントを利用している人は、自分で交渉せずエージェントに希望を伝えましょう。

  • 言語別で見てみる
    言語別で見てみる

    エンジニアを目指す人にとって、最初に習得するプログラミング言語の選択は、人生の選択ともいえる重要な節目です。エンジニアの単価は、同じような開発の内容でもプログラミング言語によって金額に差が出ることも多く、エンジニアの数が少ない言語の単価が高くなる傾向にあります。最初から習得するには難しいような言語なら、そこからさかのぼって何から学べばいいかを考えてみるのもいいでしょう。ここでは、平均年収が高い3つの言語についてご紹介していきます。

  • ソフトウェア業界をチェック
    ソフトウェア業界をチェック

    ソフトウェア業界では、OSやアプリケーションソフトなど、パソコンやスマートフォン上で動くありとあらゆるプログラムを開発しています。業務管理のソフトウェアや個人用のソフトウェア開発が長年堅調な中、データ収集・分析やセキュリティ関連のソフトウェア開発の需要は軒並み急増している状況です。これらの分野を中心に今後まだまだ伸びていくことが予想されており、IoTやクラウドの成長にも大きな期待が寄せられています。

Pick up

  • 情報処理業界をチェック
  • エージェントのメリット
  • 言語別で見てみる