IT業界の単価事情をチェック

職種別の単価を見てみる

フリーランスになりたいという人が増えてくると同時に、フリーランスと取引をしたい企業も増えてきました。フリーランスにとっては選択肢が増えて喜ばしいことですが、気になるのが単価の差ですよね。ITエンジニアは職種によって相場が違ったりするので、フリーランスになるなら何をやるかは重要な問題です。そこで、フリーエンジニアの単価相場を職種別にご紹介します。全般に共通しているのは、下流工程から上流工程へいくほど単価が高くなるということ、能力の高さ、経験と実績の多さにも比例します。実用レベルのスキルが多ければ多いほど有利になるのはもちろん、英語力やマネジメント力などの付加価値があればなお相場はアップします。

職種別の単価を見てみる

Web・オープン系の単価

Web・オープン系の相場は月60万円から90万円。JavaやPHPがよく使われている分野ですが、プログラミング言語による単価の差はさほどありません。WebアプリやWebサービス、Webサイト開発のシステムエンジニアで月60万円から80万円ぐらいの案件が多く、70万円以上になると上流工程のエンジニア案件になってきます。単価が高い案件は、データ分析を行うデータサイエンティストや高い付加価値を持つエンジニア向けが多いようです。言語別で見ると、Java案件が多いのがこの分野の特徴です。

インフラ系の単価

インフラ系は他の分野に比べるとエンジニアの満足度がやや低い印象ですが、相場は月60万円から80万円と高額。単価が高くなればなるほどマネジメント力を求められる案件が多くなります。インフラ系は突然のトラブルに駆けつけてその場で対処しなければならない仕事が多く、仕事の内容も量も予測しづらいところがあるので、これが多いのか少ないのかの判断が難しいかもしれませんね。インフラ系は経験が次のステップに生きる分野なので、いろいろな現場を経験しておくと後が楽かもしれませんよ。

汎用・制御系

汎用・制御系は、良くも悪くもあまり変わらない分野ということで、相場は月50万円から80万円の間で落ち着いています。高額案件になると組み込み経験は必ず求められると思っておいたほうがいいかもしれませんね。プログラミング言語はC++、COBOLのスキルが求められます。

開発ディレクター

圧倒的な高単価ぶりを見せているのが開発ディレクター。最低でも月80万円からで100万円以上になることも珍しくありません。求められるスキルや経験も単価に比例して高く、上流工程の経験が豊富で当たり前、マネジメント力にコミュニケーション力、コンサルティング力、リーダーシップがあって当たり前というレベルです。ここまでくると、エンジニアとしてというよりもオールラウンドで高く評価される立派なビジネスパーソンということになります。

こっちも見てみよう!

  • さらに単価を上げるためのコツ
    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスのITエンジニアにとって、単価の相場はあくまでも参考値です。単価はエンジニアとしての価値を数値化したものなので、価値を上げれば単価も上がるということになります。クライアントに価値を正しく理解してもらうためには交渉しなければなりません。個人で交渉するのが難しければ、エージェントを利用するという方法もあります。エージェントを利用している人は、自分で交渉せずエージェントに希望を伝えましょう。

  • 言語別で見てみる
    言語別で見てみる

    エンジニアを目指す人にとって、最初に習得するプログラミング言語の選択は、人生の選択ともいえる重要な節目です。エンジニアの単価は、同じような開発の内容でもプログラミング言語によって金額に差が出ることも多く、エンジニアの数が少ない言語の単価が高くなる傾向にあります。最初から習得するには難しいような言語なら、そこからさかのぼって何から学べばいいかを考えてみるのもいいでしょう。ここでは、平均年収が高い3つの言語についてご紹介していきます。

  • ソフトウェア業界をチェック
    ソフトウェア業界をチェック

    ソフトウェア業界では、OSやアプリケーションソフトなど、パソコンやスマートフォン上で動くありとあらゆるプログラムを開発しています。業務管理のソフトウェアや個人用のソフトウェア開発が長年堅調な中、データ収集・分析やセキュリティ関連のソフトウェア開発の需要は軒並み急増している状況です。これらの分野を中心に今後まだまだ伸びていくことが予想されており、IoTやクラウドの成長にも大きな期待が寄せられています。

Pick up

  • 情報処理業界をチェック
  • エージェントのメリット
  • 言語別で見てみる