IT業界の単価事情をチェック

高収入と噂のフリーランス

巷では高収入と噂のIT系フリーランス。給料がなかなか上がらないと多くの人が嘆く時代にそんなうまい話があるのかと疑問に思う人もいることでしょう。フリーランスの単価は、職種にによって相場がそれぞれ違います。相場を見てみると、低くても月50万円ぐらいはあることがわかるはずです。単価は各々の努力と交渉によって引き上げることもできますが、多くのフリーランスはエージェントをうまく活用しながら効率的に仕事をこなしています。

高収入と噂のフリーランス
  • さらに単価を上げるためのコツ

    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスの単価は、交渉次第で変化する可能性を持っているものです。交渉を成功させるためには交渉材料が必要です。過去の実績や持っているスキルなど、スキルシートにかけるようなことが交渉材料になるだけでなく、普段の仕事ぶりが周囲に評価されることが交渉材料になる場合もあります。エージェントを利用しているならば、自分で交渉せずエージェントに単価アップ希望の旨を申し出ましょう。そうすれば、クライアントに交渉を持ちかけてくれます。

  • エージェントのメリット

    エージェントのメリット

    仕事が途切れないフリーランスの多くは、エージェントをフルに活用していることが多いものです。エージェントのメリットは、仕事探しにかける労力を大幅に削減できること。営業はエージェントに任せて仕事に専念できるので、効率良く収入をアップさせていくことが可能になります。エージェントにもそれぞれ個性があるので、自分に合うところを見つけるのが成功のポイントです。そこで、おすすめのエージェント4社をご紹介します。

  • 職種別の単価を見てみる

    職種別の単価を見てみる

    フリーランスになると稼げるという話を耳にすることが増えました。確かにフリーランスになると月100万円近くの報酬を受け取るようになる人もいますが、エンジニアがフリーランスになればみんなそうなるとは限りません。職種によっては月50万円ぐらいのこともあるので、フリーランス全体の平均ではなく職種別の相場平均を見るようにしましょう。また、同じ職種でも上流工程か下流工程かによっても単価の相場は大きく異なります。

こっちも見てみよう!

  • さらに単価を上げるためのコツ
    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスのITエンジニアにとって、単価の相場はあくまでも参考値です。単価はエンジニアとしての価値を数値化したものなので、価値を上げれば単価も上がるということになります。クライアントに価値を正しく理解してもらうためには交渉しなければなりません。個人で交渉するのが難しければ、エージェントを利用するという方法もあります。エージェントを利用している人は、自分で交渉せずエージェントに希望を伝えましょう。

  • 言語別で見てみる
    言語別で見てみる

    エンジニアを目指す人にとって、最初に習得するプログラミング言語の選択は、人生の選択ともいえる重要な節目です。エンジニアの単価は、同じような開発の内容でもプログラミング言語によって金額に差が出ることも多く、エンジニアの数が少ない言語の単価が高くなる傾向にあります。最初から習得するには難しいような言語なら、そこからさかのぼって何から学べばいいかを考えてみるのもいいでしょう。ここでは、平均年収が高い3つの言語についてご紹介していきます。

  • ソフトウェア業界をチェック
    ソフトウェア業界をチェック

    ソフトウェア業界では、OSやアプリケーションソフトなど、パソコンやスマートフォン上で動くありとあらゆるプログラムを開発しています。業務管理のソフトウェアや個人用のソフトウェア開発が長年堅調な中、データ収集・分析やセキュリティ関連のソフトウェア開発の需要は軒並み急増している状況です。これらの分野を中心に今後まだまだ伸びていくことが予想されており、IoTやクラウドの成長にも大きな期待が寄せられています。

Pick up

  • 情報処理業界をチェック
  • エージェントのメリット
  • 言語別で見てみる