IT業界の単価事情をチェック

言語別で見てみる

プログラミング言語は、ITエンジニアにとって大切な商売道具。身につけるまでにかかる手間を考えると、最初にどの言語を選ぶか悩むところですよね。そこで、エンジニアの単価をプログラミング言語別にご紹介してみようと思います。

言語別で見てみる

Kotlin

まずご紹介するのが「Kotlin」です。Kotlinとは、Android開発によく使われている近年人気急上昇の新しいプログラミング言語です。平均年収はおよそ570万円となかなかの額。新しい言語ということもあって全体の求人数はまだ少なめですが、情報に敏感なエンジニアたちは、いち早くこの言語にトライしてその良さを実感しているようです。最近では、Googleがアプリケーション開発にKotlinを使用すると発表したことで、さらに知名度をあげています。Kotlinは、Javaのコードをより簡潔で安全に書くことを可能にした言語なので、Javaなら何行もコードを書かなければならないいところ、Kotlinなら1行で完了してしまうなんてこともあるほどです。Javaとの互換性100%なので、Javaエンジニアなら知らなきゃもったいない言語です。

Python

次にご紹介するのが「Python」です。Pythonといえば、人工知能や機械学習、深層学習の分野でよく使われるプログラミング言語です。コードがシンプルだから書きやすく、書いた本人以外の人が見てもわかりやすいというメリットがあります。プログラミング初心者にもぴったりな言語ながら、平均年収は600万円と高額。Webアプリにゲームにと、作ろうと思えばなんでも作れる言語ですが、データ解析を行うデータサイエンティストなどハイレベルな仕事の需要が増えています。高単価なエンジニアを目指したいなら習得しておきたい言語のひとつですね。

Scala

平均年収はおよそ620万円と、ここでご紹介しているプログラミング言語の中でもダントツトップなのが「Scala」です。Scalaの特徴は、オブジェクト指向と関数型双方の特徴を持っているプログラミング言語。TwitterやLinkedInが使っていることでもよく知られています。Scalaの年収が高い理由はごく単純で、エンジニアの絶対数が少ないから。これほどまでに条件がいいことがわかっていながらエンジニアが増えない理由は、学習コストがかかるから。習得するまでに時間がかかってしまうということなんですね。オブジェクト指向の言語も関数型の言語も得意というエンジニアなら、チャレンジしてみる価値は大いにある言語です。いきなりScalaは難しいという人も、今後目指すべき大きな目標として覚えておきたい言語になるかもしれません。

こっちも見てみよう!

  • さらに単価を上げるためのコツ
    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスのITエンジニアにとって、単価の相場はあくまでも参考値です。単価はエンジニアとしての価値を数値化したものなので、価値を上げれば単価も上がるということになります。クライアントに価値を正しく理解してもらうためには交渉しなければなりません。個人で交渉するのが難しければ、エージェントを利用するという方法もあります。エージェントを利用している人は、自分で交渉せずエージェントに希望を伝えましょう。

  • 言語別で見てみる
    言語別で見てみる

    エンジニアを目指す人にとって、最初に習得するプログラミング言語の選択は、人生の選択ともいえる重要な節目です。エンジニアの単価は、同じような開発の内容でもプログラミング言語によって金額に差が出ることも多く、エンジニアの数が少ない言語の単価が高くなる傾向にあります。最初から習得するには難しいような言語なら、そこからさかのぼって何から学べばいいかを考えてみるのもいいでしょう。ここでは、平均年収が高い3つの言語についてご紹介していきます。

  • ソフトウェア業界をチェック
    ソフトウェア業界をチェック

    ソフトウェア業界では、OSやアプリケーションソフトなど、パソコンやスマートフォン上で動くありとあらゆるプログラムを開発しています。業務管理のソフトウェアや個人用のソフトウェア開発が長年堅調な中、データ収集・分析やセキュリティ関連のソフトウェア開発の需要は軒並み急増している状況です。これらの分野を中心に今後まだまだ伸びていくことが予想されており、IoTやクラウドの成長にも大きな期待が寄せられています。

Pick up

  • 情報処理業界をチェック
  • エージェントのメリット
  • 言語別で見てみる