IT業界の単価事情をチェック

国別で見てみる

IT業界でエンジニアとして働こうと考えているなら、日本だけでなく世界も視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか。世界のエンジニアたちの単価について知ると、グローバルに活躍したい気持ちがもっと高まるかもしれませんよ。

国別で見てみる

世界のエンジニアの年収はここまで違う

国が違うとこうも違うのかということってよくありますよね。エンジニア事情もまさにそうなんです。日本のエンジニアの平均年収が450万円として、アメリカはなんと900万円。同じような仕事なのに年収が倍も違うとは驚きですよね。
日本と比べて圧倒的に年収が高いのはアメリカで、オーストラリアやカナダ、イギリスなどでは平均年収550万円から600万円弱といったところ。それでも日本よりは上です。反対に、日本よりも年収が低くなる国としては、中国やシンガポールなどがあります。シンガポールの平均年収370万円に対して中国は240万円と、中国は格段に安い印象があります。

アメリカの年収はなぜそれほど高いのか

日本の倍の年収をもらえるなら、アメリカで働きたいと思った人も多いことでしょう。同じ苦労をしてエンジニアになって、生涯年収が倍になるなら本気で考えたくなるのも無理はありません。そもそも、なぜアメリカのエンジニアの年収平均が900万円という高値になるかといえば、エンジニアの社会的評価が高いからなんです。これはヨーロッパでも同じで、エンジニア職に対する価値観が日本のそれとは違います。アジア圏のエンジニアがおかれている状況は欧米とはちょっと違うようですが、日本のエンジニアとほぼ同水準の収入で活躍する日本人も少なくありません。シンガポールには日系の大企業がたくさん進出しているというのも、日本人エンジニアが活躍できる理由のひとつです。海外進出に必要なのはエンジニアとしての確かな腕と語学力。この2つがあるなら海外を視野に頑張ってみるのもアリですよ。

海外を目指すならまず日本で基礎を積む

ここで忘れてはいけないのが、アメリカの徹底した実力主義です。仕事ができる人は適正に評価されますが、できなければ即ふるい落とされてしまうシビアな国です。日本では、経験や実力よりも人柄を重視、技術力は入ってから身につければいいという考えで採用されることもありますが、海外では即戦力になる人かどうかだけでシンプルに判断することも多いので、堂々とアピールできる経験と実績、スキルが身につくまでは日本でひたすら頑張りましょう。
海外へ転職するとなると、準備しなければならないことがたくさん出てくるので、本気で海外進出を目指すなら、仕事面と生活面両方についてのこまめな情報収集を普段から心がけておくことが大切です。

こっちも見てみよう!

  • さらに単価を上げるためのコツ
    さらに単価を上げるためのコツ

    フリーランスのITエンジニアにとって、単価の相場はあくまでも参考値です。単価はエンジニアとしての価値を数値化したものなので、価値を上げれば単価も上がるということになります。クライアントに価値を正しく理解してもらうためには交渉しなければなりません。個人で交渉するのが難しければ、エージェントを利用するという方法もあります。エージェントを利用している人は、自分で交渉せずエージェントに希望を伝えましょう。

  • 言語別で見てみる
    言語別で見てみる

    エンジニアを目指す人にとって、最初に習得するプログラミング言語の選択は、人生の選択ともいえる重要な節目です。エンジニアの単価は、同じような開発の内容でもプログラミング言語によって金額に差が出ることも多く、エンジニアの数が少ない言語の単価が高くなる傾向にあります。最初から習得するには難しいような言語なら、そこからさかのぼって何から学べばいいかを考えてみるのもいいでしょう。ここでは、平均年収が高い3つの言語についてご紹介していきます。

  • ソフトウェア業界をチェック
    ソフトウェア業界をチェック

    ソフトウェア業界では、OSやアプリケーションソフトなど、パソコンやスマートフォン上で動くありとあらゆるプログラムを開発しています。業務管理のソフトウェアや個人用のソフトウェア開発が長年堅調な中、データ収集・分析やセキュリティ関連のソフトウェア開発の需要は軒並み急増している状況です。これらの分野を中心に今後まだまだ伸びていくことが予想されており、IoTやクラウドの成長にも大きな期待が寄せられています。

Pick up

  • 情報処理業界をチェック
  • エージェントのメリット
  • 言語別で見てみる